腰痛治療の新常識―103―

TMSジャパンメーリングリストより転載

■この50年間、生体力学に基づく人間工学的アプローチによって腰にかかる負担は大幅に軽減されてきたが、腰痛患者が減少したという証拠はひとつも存在しない。それどころか腰痛患者は年々増加し続けている。腰を守ろうとするのは逆効果。http://1.usa.gov/mcgEVI

交通機関や重機の発達、良い姿勢、正しい物の持ち上げ方、サポートベルト(コルセット)、腰に良い椅子などなど、腰にとっては素晴らしい世の中になりました。その結果、腰痛患者が激増しているという事実があります。腰を守ろうとしてきたことが裏目に出たのです。

コメント


認証コード0145

コメントは管理者の承認後に表示されます。