腰痛治療の新常識―5―

■【4】腰痛の研究機関が増加してきたために、一般的に行なわれている腰痛治療の体系的評価が可能となった。現存する科学論文には欠点があるものの、現在行なわれている治療法の有効性と危険性に関する結論には充分な科学的根拠がある。http://1.usa.gov/uhlYSO

AHCPR(アメリカ医療政策研究局)が作成した『成人の急性腰痛診療ガイドライン』は、1984年~1992年までに発表された医学文献を徹底的に分析した、もっともエビデンスレベルの高い第一級の証拠に基づく知見です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です