腰痛治療の新常識―33―

■(10)急性腰痛に対する腰部コルセットとサポートベルトの有効性は証明されていない(確証度D)。(11)腰部コルセットは荷役作業従事者の腰痛による欠勤日数を減少させる可能性がある(確証度C)。http://1.usa.gov/uhlYSO

最新の腰痛診療ガイドラインでは、腰部コルセットもサポートベルトも腰痛の治療や予防に効果なしという勧告が出ています。

(12)急性腰痛患者(ぎっくり腰)の治療に牽引は推奨できない(確証度B)。(13)急性腰痛患者の治療にバイオフィードバックは推奨できない(確証度C)。http://1.usa.gov/uhlYSO

牽引が腰痛の緩和、活動障害の改善、入院日数の減少に有効だという証拠は存在しません。バイオフィードバックに効果がないのは意外です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です