腰痛治療の新常識―48―

TMSジャパンメーリングリストより転載

 

■88,000名以上を対象としたコホート研究により、筋骨格系疾患を持つ患者の死亡率と発がん率の高いことが判明。死亡率が高いのは股関節痛・腰痛・肩関節痛の順で、発がん率が高いのは腰痛・股関節痛・頚部痛の順だった。http://1.usa.gov/mnkHNZ

理由は不明とありますが、後の研究では運動量や食事習慣などの関与が疑われています。だからこそ筋骨格系疾患は慢性化する前に治してしまわないといけないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です