腰痛治療の新常識―57―

TMSジャパンメーリングリストより転載

■複雑な固定術を必要とする脊柱管狭窄症がわずか6年で15倍に増加したとは考えられない。脊椎分野のオピニオンリーダーの影響や思い込み、経済的利益などの要因が関与している。正確な情報を与えられれば患者は低侵襲性のリスクの小さい手術を選択するだろう。http://n.pr/8XAf9S

独りよがりなのかもしれませんが「医は仁術なり」という格言は現代でも通用すると考えています。病名を増やして弱者を食い物にすることに大きな疑問を感じます。正確な情報が広く国民に伝わることを切に願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です