腰痛治療の新常識―62―

TMSジャパンメーリングリストより転載

 

■議論の余地がない真実とされる信念、学説、慣行という腰痛分野における「聖域」を侵した双生児研究の業績は大きい。輝かしい賞を数多く受賞しているにもかかわらず、腰への物理的負荷が椎間板変性の危険因子だとする見方は変わらない。目を覚ませ。http://1.usa.gov/vUFBka

姿勢によって椎間板にかかる圧力を測定したナケムソン(Nachemson)の有名な研究をサイトに掲載している人がいます。ナケムソンは後に椎間板にかかる圧力と腰痛は無関係だと断言していることも同時に伝えるべきです。それを怠っているということはすなわち、自分は勉強不足だと公言しているに等しい行為です。恥ずかしい話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です