腰痛治療の新常識―66―

TMSジャパンメーリングリストより転載

■腰痛分野における遺伝学的影響の研究はまだ初期段階だが、椎間板変性に関する従来の仮説が誤りであることを証明すれば、より有用な仮説に向かって研究が進み、時代遅れの考え方に基づく効果が実証されていない予防法を刷新できる。http://1.usa.gov/jbLioe

これまで散々いわれてきた腰痛の予防法は誤りです。明確な根拠のある事実に目を向けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です