腰痛治療の新常識―96―

TMSジャパンメーリングリストより転載

■港湾労働希望者208名、急性腰痛の港湾労働者207名、慢性腰痛患者200名のX線写真を比較した結果、両群間の異常検出率に差がなかったことから、将来の腰痛発症を予測できず、放射線被曝するX線撮影は雇用者の選別には不適切。http://1.usa.gov/kNXTVG

レントゲン写真で検出される異常は腰痛と無関係なので当然の結果です。レッドフラック(危険信号)がない限り、腰痛疾患に対してルーチンな画像検査は行うべきではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です