引っ張る=牽引 – 「カイロでおもしろきこともなき世をおもしろく」ブログ – 【滋賀甲賀のカイロ整体】カイロプラクティック甲南

腰痛の患者さんと話をしていると

病院で引っ張ってもらったって聞くことがたびたびある

引っ張る=牽引のことなのですが

急性腰痛治療で行われる牽引のエビデンス(根拠)に関して

「急性腰痛と危険因子ガイド」に

a rel="nofollow" target="_blank" alt0="BlogAffiliate" href="http://click.affiliate.ameba.jp/affiliate.do?affiliateId=16059859">急性腰痛と危険因子ガイド

img border="0" src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/book/cabinet/3937/39371378.jpg?_ex=128×128"></a>

¥2,100

楽天

「無効」

と記載されています。(ただし急性腰痛に限った話で慢性腰痛はわかりません)

しかも

牽引を伴う安静臥床は

「有害」

というエビデンスが記載されています。

よく行われる牽引1つとってもエビデンスが乏しい状態で行われているのかなと推察してしまうのですが。

私が飲んでいる潰瘍性大腸炎の薬もどれぐらいエビデンスがあるのだろうか?

かれこれ10年以上は飲んでいるが効果の方がいまいちよくわからん…

*補足*「急性腰痛と危険因子ガイド」P17より
急性腰痛=ごく一般的にみられる症状であり、発症後3ヶ月未満の腰痛を意味する。まれに重大な病変が潜んでいることがあるものの、精密検査で原因を特定できるケースは少なく、そのほとんどは検査の必要のない非特異的腰痛と呼ばれるものである。痛みが膝の下から足まで放散する場合は、椎間板ヘルニアによって引き起こされている可能性が高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です