心身条件反射療法での自己治療

たまには自己治療で行った心身条件反射療法の話を

先月末にある方(Aさんとします)との関係性を破綻させてしまいました。詳細は省きます。

で、しばらく心の葛藤というか精神面が不安定な状況で日々を過ごしていたのですが、原因は何なのだろうかと追究しようと思った次第です。自己治療なのでチェックはフィンガーチェックのみです。

まずは
Aさんを思い浮かべて→陽性
メンタル→陽性(十段階評価を忘れる)
ソフト面→陽性
大脳辺縁系→陽性
信念→陽性
羞恥心→陽性

さてここで一旦止まってしまう、恥と思うことって何だろうかと分野と立場で再度探っていくことに

分野 友人関係→陽性
立場 その他→陽性、詳細に:彼氏・男友達・他人→陽性

ここまで出て来て何となくわかってくる
恐らく意識と潜在意識とのギャップが影響していると思い、一つのスケールを自分なりに作ってみる。こんな感じで

Aさんとの関係性をスケール
10:恋人             5:友達                0:他人
|——————————-|——————————-|

意識下では関係が破綻しているので関係性としては3~4を推定したのですが、潜在意識下では10でフィンガーテスト陽性となる。つまり意識と潜在意識との間に6~7ポイント近くギャップがある、これを恥と感じたのではないかと推定しました。正直これに気づいたときに変な震えみたいなものを身体に感じました。

解放操作を自分に実施して再度フィンガーチェックをしたところ潜在意識下は5までダウンして追加の治療は必要なしと出たのでここで打ち切って他の項目で陽性が無いか確認してSさんを思い浮かべても陰性だったので終了しました。

考察
今回は一月前の出来事でメンタルがやられてしまう出来事に対して思い付きでやってみました。
相手と自分の立場や関係性を改善するのは困難ですが、自分の意識と潜在意識で感じてる立場にギャップがある場合は調整が可能かと思う。こういうギャップは葛藤が起きてもおかしくないと思うし、フィンガーチェックをやりながら、まさか10で反応が出るとは思わなかった。人が生きていく中では潜在意識は重要なのですが、これほどギャップがあるとかえって自分を苦しめてしまうことになってしまうのではないかと感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です