腰痛治療の新常識―2―

■AHCPR(アメリカ医療政策研究局)が『成人の急性腰痛診療ガイドライン』の作成に着手したのは、次の4つの理由があったからです。

【1】アメリカでは腰痛の罹患率が15~20%と高く、就業不能の原因として挙げられる第1位が腰痛で、就業年齢の50%が毎年腰痛を発症している。http://amzn.to/vrNNX9 http://1.usa.gov/rCoRH0

日本人が訴える症状のワースト3は腰痛・肩こり・関節痛ですから、腰痛を含む筋骨格系疾患はアメリカだけの問題ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です