腰痛治療の新常識―3―

■【2】腰痛はプライマリ・ケアにかかる患者が訴える2番目に多い症状であり、整形外科医・神経外科医・産業医を訪れる最大の理由でもあり、外科手術を受ける3番目に多い疾患でもあることから、経済的・心理社会的負担がきわめて大きい。http://1.usa.gov/vfUs5A

産業関連腰痛に支払われる休業補償と労働損失額を合わせると、年間医療費の3倍に上ります。腰痛はどの国にとっても、公的保険制度を揺るがしかねないほど医療費のかさむ疾患なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です