腰痛治療の新常識―61―

TMSジャパンメーリングリストより転載

 

■坐骨神経痛に対する椎間板手術は、保存療法よりある程度の優位性を示すものの一過性でしかない。ノルウェーのRCT(ランダム化比較試験)では1~4年間優位性が持続したが (http://1.usa.gov/lflO3P)、オ
ランダのRCTでは1年未満だった(http://1.usa.gov/l8WVTV)。

椎間板ヘルニア手術の短期成績は比較的よいのですが、長期成績はといえば保存療法と変わりません。それでも手術を選択しますか? 手術は世界各国の腰痛診療ガイドラインが勧告している保存療法を試してからでも遅くないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です