腰痛治療の新常識―65―

TMSジャパンメーリングリストより転載

■フィンランドの男性双生児600例を対象とした研究によって、BMI高値、引き上げ筋力が強い、作業強度が高いといった因子はすべて椎間板変性を遅らせるらしいということが、椎間板のMRI信号強度スコアから証明された。http://1.usa.gov/m8HAed

骨密度と同じように椎間板を若々しく保ちたいなら負荷をかけることです。このように従来の考え方は誤りだったことが証明されています。頭を切り替えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です