腰痛治療の新常識―75―

TMSジャパンメーリングリストより転載

■腰椎の変形が腰痛の原因でないことは半世紀以上も前から証明されてきた。最も古い対照試験は1953年に実施された腰痛患者100名と健常者100名の腰部X線写真を比較したもので、両群間の変形性脊椎症の検出率に差はなかった。http://1.usa.gov/lCMbXb

レントゲン写真に映ったシミやシワは腰痛の原因ではありません。レッドフラッグ(危険信号)のない腰痛患者に対してルーチンに画像検査を行なうのは百害あって一利なし。もはや犯罪行為といっていいでしょう。国民はそれをしっかり頭に叩き込んでおくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です