腰痛治療の新常識―86―

TMSジャパンメーリングリストより転載

■20~80歳までの腰痛未経験者98名を対象にMRIで腰部椎間板を分析した結果、少なくとも1ヵ所以上の椎間板膨隆が52%、椎間板突出が27%、椎間板脱出が1%確認されたことから、腰痛下肢痛患者の異常所見は偶然の可能性。http://1.usa.gov/l2kc0U

ハイテク画像診断装置を駆使したところで痛みは見えません。レッドフラッグ(危険信号)のない腰下肢痛患者に画像検査は不必要という世界的コンセンサスがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です