★腰痛治療の新常識―479― – 「カイロでおもしろきこともなき世をおもしろく」ブログ – 【滋賀甲賀のカイロ整体】カイロプラクティック甲南

TMSジャパンメーリングリストより転載

■11歳の子ども216名を対象にした5年間におよぶ前向き研究によると、腰痛の年間発症率は12歳で11.8%から15歳で21.5%へ、生涯有病率は11歳で11.6%から15歳で50.4%へと年齢と共に上昇する。http://goo.gl/n94jwf

青少年の腰痛はきわめてありふれた症状で、年齢と共に増加するだけでなく再発性でもあるものの、一般的に時が経つにつれて悪化することはありません。大部分の症状は成人の活動障害性腰痛に発展することはなく、普通の生活上の出来事と考えるべきとされています。

国民の利益になるかもしれません。もしご迷惑でなければ「シェア」をお願い致したく存じます。いちいち承諾を得る必要もなければ、TMSジャパンも愚拙の名前も出す必要はありませんので、SNSはもちろんブログやサイトに引用先のURLごとコピー&ペーストして、情報の拡散にお力を貸していただけると幸甚でございます。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
長谷川 淳史 九拝
TMSジャパン 
〒070-0864 
北海道旭川市住吉4-1-5-23
TEL:0166-52-7797  
URL: http://www.tms-japan.org/
Mail: junshi@tms-japan.org
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です