★腰痛治療の新常識―492― – 「カイロでおもしろきこともなき世をおもしろく」ブログ – 【滋賀甲賀のカイロ整体】カイロプラクティック甲南

TMSジャパンメーリングリストより転載

■脊椎治療において新たな技術を導入する場合、(RCT)ランダム化比較試験・前向き他施設共同研究・大規模コホート研究という3つのステップを経なければならない。それによって安全性・有効性・合併症が明らかになる。http://goo.gl/7wstXL

椎体形成術と亀背形成術はこの3つのステップを踏んでいないどころか、第1ステップのRCTすら行なわれていません。元々がん患者の脊椎骨折の治療法として考案された椎体形成術でしたが、いつの間にか良性の骨粗鬆症による椎体圧迫骨折に対して盛んに行なわれるようになりました。言い換えると、椎体形成術は異常なプロセスを経て急速に広まったというわけです。

国民の利益になるかもしれません。もしご迷惑でなければ「シェア」をお願い致したく存じます。いちいち承諾を得る必要もなければ、TMSジャパンも愚拙の名前も出す必要はありませんので、SNSはもちろんブログやサイトに引用先のURLごとコピー&ペーストして、情報の拡散にお力を貸していただけると幸甚でございます。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
長谷川 淳史 九拝
TMSジャパン 
〒070-0864 
北海道旭川市住吉4-1-5-23
TEL:0166-52-7797  
URL: http://www.tms-japan.org/
Mail: junshi@tms-japan.org
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です