センター試験とカイロプラクティック – 「カイロでおもしろきこともなき世をおもしろく」ブログ – 【滋賀甲賀のカイロ整体】カイロプラクティック甲南

たいへん遅くなりましたが

あけましておめでとうございます

何事もタイミングが重要ですが、かなり遅すぎですね。

あと数日経てば受験生にとって大事な試験であるセンター試験があります。

毎年この時期になると思い出す出来事があります。

今から約三年前

当時はまだ東京に住んでいました。

住んでいた場所は江東区で民間の会社が運営している寮に入っておりました。

この寮は、いろいろな人が入寮しておりました。

大学生・大学院生・専門学校生・予備校生・留学生が主に入っており一部社会人も入寮していました。

予備校生が入寮しているということは、毎年この時期になると寮内はかなりピリピリした空気になります。

といっても、

受験生ではない私としてはピリピリとはしないのですが、センター試験終了翌日に退寮して地元の滋賀県に帰る事になっておりました。当然のことながらほとんどの物品は実家に送っており部屋はガランとした状態になっていました。

当然ながらカイロプラクティックの用具であるカイロベッドやアクティベータ振動器も送ってしまっている状態でした。

当時

私は部屋で仲の良い寮生相手にカイロプラクティックの施術を行っておりました。

そういう経緯があり

センター試験1日目の夜に仲のいい受験生A君が部屋を訪ねてきました。

試験二日目を控えているにもかかわらず頭が重たくて勉強どころではないと訴えていました。

ですが、用具類が無い状態でしたので

カイロベッドの代わりに自分が寝ているベットで行い、学校で習っていたディバーシファイドテクニックを使って施術を行いました。

道具が無いなか、なんとか施術をおこなったところ多少頭がスッキリしたようで、なんとか二日目の試験勉強ができそうと部屋に戻りました。

この二日後に私は退寮して地元に戻ったのですが、

後日、このA君に連絡を取ったところ、第一志望の大学はダメだったようですが、第2志望の大学に合格して入学してキャンパス生活を送ることになりました。

A君とは、たびたび交流することがあり、私が東京に行ったときに飲んだり、A君がサークル活動で愛媛に向かう途中、滋賀の実家に泊まったりしたことがあります。

この時期になると思い出す出来事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です